あんどりゅーがランニングした足跡

走暦10+?年。フル10回目の東京マラソン2010で3時間14分達成。マラソン大会+観光で47都道府県出走。大会・旅行の様子や使用中のGPSウオッチについてあれこれ。2017年7月にミラーレスカメラを購入し調子に乗って撮りまくりたい。

半月板の手術を終えて...

明けましたおめでとうございます(笑)

またまたご無沙汰のブログ更新です。

詳しくはnoteに連載してますが、半月板の切除・縫合手術を先月半ばに受け6日間の入院生活を過ごしました。

「切除」だけなら回復も早いのですが、「縫合」も行いました。
患部の免荷期間が必要となり、昨日まで松葉杖生活でした。
内視鏡とはいえ、手術による体への影響というのを実感しています。

やっと二足歩行がはじめられた段階です。ランニングはあと一か月くらい必要でしょう。
今は膝周りの柔軟と強化、とにかくちゃんと伸ばせるようにするのが課題です。

ちなみに、鼻の方は年明け以降は目立った鼻水もなく、鼻炎薬の服用いらずとなっています。




鼻炎対策のレーザー手術

20年以上前からのアレルギー性鼻炎。年中鼻水に悩まされます。
耳鼻科に通い薬を処方されているので抑えられてはいますが
鼻詰まり感はありランナーとしてはもう少しでも軽減させたいところです。

走るのもままならない状況ということもあり、
近年聞くようになった「レーザー手術」と「舌下免疫療法」を考慮しました。

通っている耳鼻科では「舌下免疫療法」をやっていたので相談し、まずはアレルゲンの
検査を改めて行うことに。

20年前の検査では「ハウスダスト」ということで年中鼻水が出ることからも納得していたのですが...。
一週間後の検査結果では「スギ花粉」では反応があったもの者「ハウスダスト」では全く反応がない
という衝撃的な結果でした。

結局、「ハウスダストの舌下免疫療法」は対象ではないことになり、終了。
しかし、鼻炎薬を二日も抜くとやはり鼻水が出てくるんです...。

どうも、アレルゲン検査も常に一生同じ反応が出るものではなく、時期とかによっても違うようです。
いずれにしてもアレルゲンにかかわらず鼻の粘膜に直接働きかけて過剰反応を軽減する「レーザー手術」を考えました。

こちらは通勤ルートにある耳鼻科でレーザーを積極的に行っているところを見つけ相談。
鼻の粘膜を焼くのですが数年でもとに回復するので根治的なものではないがその分安全でもあるとのこと。施行すれば程度はともかく改善はあるはずとのことで、この日は血液検査を行い一週間後の施術を予約。
鼻の状態をよりよくするために常用の鼻炎薬のほかにもう一種類鼻炎薬の服用を指示されました。

当日は職場を早退して耳鼻科へ。事前に10分ほど薬液を浸した綿棒をねじ込まれ(多少つらい...)
いざ、施術へ。
多少焦げ臭さを感じますし微妙に痛さもありますがそんなにひどい苦痛ではないと思います。
その日だけ、入浴は忌避(シャワーのみ)、飲酒なしくらいの制限です。
あとは一週間ほどかさぶたの状態のため、鼻はかまないようにしてアフターフォローの診察。さらに二週間後に診察で終わりました。

現状としては寒くなってきて寒暖差の大きいこともあるのでしょう、鼻水はまあ出るのですが、鼻通りは改善されています。





半月板の問題でしたwww

大きなマラソン大会は永らく開催できない状況が続いておりますが、永らく続いております足の痛みの方が問題です。

リハビリ等によってもなかなか改善の見られず、普段の歩行程度でも時折痛み出す状態になってきましのでMRI検査を実施することになりました。

MRI検査自体は別の個所の検査で受けたことがありました。

横たわって(音がうるさいので)ヘッドホンを付け検査機器の中に入るのでなかなか圧迫感があるかもしれません。
今回は足の部分の検査でしたのであまり奥まで入らずそれほどでもありませんでした。

結果ですが、右膝の半月板に損傷があることが確認されました。


円板状半月板 という状態だそうで、私の半月板は通常より大きく余計な部分があり、ここは損傷しやすいこともあり、長年蓄積された損傷が影響大になってきた模様です。

この部分を切除しないと根本的には治らないということで二週間様子を見て痛みが続くなら手術を考えたいとのこと。入院は4〜5日。

職場にもこの状況を説明して早い方がいいでしょ、という言葉も頂きました。
二週間の間にも改善は見られず、ジムでの膝の負担が少ないはずの運動でも痛みが出てくるようにもなり、早期の手術を希望することとしました。

という訳で、年明けに入院・手術が決まりました。
内視鏡を入れて余分な部分を切除するのですが、状況によっては損傷部分の縫合も入るそうです。
そして切除だけなら術後すぐに歩行開始なのですが縫合が加わると2〜4週間は松葉杖になるそうです。

松葉杖コースになると職場の仕事もうまくこなせるか心配なのですが、遅くなるほど仕事が忙しくなるのでやるなら今だと思っています(コロナを考えても!)。

職場恒例の駅伝大会も中止になりました。レース参加ははるか先の話になります。しっかり治してその時に備えたいと思います。



レースが無いせいじゃなく、故障で走れない

横浜に舞い戻り、レースの予定もない中、7,8月と仕事が忙しく走る日が少なくなっていたのですが、それにもかかわらず、ゆるゆると続いていた右足の違和感が段々良くない方向に向かっていました。
今にして思うと、1月に100Kを走り、直接それでだめになったわけではないですが2月に入ると違和感を感じ始めており、それが続いてしまっていたと思います。

東戸塚に戻ってからは再び接骨院にも通いケアをしていただいたいたのですが、それでもよくならず、9月に入ってからは走り出したらすぐ痛くなる状態になり、走るのを完全にストップしました。
整形外科で一度見てもらうことを勧められ、「横浜市スポーツ医科学センター」の整形外科を訪れました。

IMG_20200917_192455_227






新横浜の日産スタジアムにあります。
レントゲンでは骨に異常はなく、炎症によるものと考えられ、ランニングは休むのと周辺の筋肉を柔軟にしていく必要性を説かれました。
2〜3週間ごとに診察を受けるのと並行して理学療法士によるリハビルを処方されることになり、そのままリハビリ室行になりました。こちらも担当の先生が決まり、セルフマッサージや機器による治療があり、帰りには次回まで自宅で行うストレッチ、マッサージの指示がありました。

IMG_20200917_192455_233






接骨院でのケアと並行しつつ、こちらへも通うという状態になっております。
スポーツジムは横浜復帰後は再入会する予定はなかったのですが、ランニング以外の足に負担の来ない運動をということで、再入会し、クロストレーナーやバイクなどの機器を利用して、これ以上体力が落ちないようにしています。

一か月たちましたが、痛みはひざを伸ばし切ると出るようなもので、程度は落ちた感じはしますが、まだまだ走れるような感じではありません。お医者さんからは2月くらいから違和感が出ていたということは直していくのもその分時間はかかるということは言われています(そりゃそうだ!)。

接骨院の先生によるとレントゲンでは見えないが「疲労骨折」の可能性もあるとのこと。もっとも対応としては足に負担をかけず、脚の筋肉を動きやすくしていくことには変わりはないようです。

とにかくもう少し辛抱です。



2020上半期まとめ(DNSの(涙))

久々の記事となりました。
まあ、書くことが無いせいですが....。
この間、職場では一部在宅勤務、緊急事態宣言など初めての事態を経験しました。
エントリーしていたマラソン大会は3月以降全滅、普通の観光旅行も憚られることとなりました。
4-5月は山も控え、大月や都留あたりを走るのが全て。
2月ごろから右足の調子もいまいちで最近はスピード練習も控えています。
そして、今月は大月での2年間の勤務を終え、横浜の実家に舞い戻ってきました。
少し疲れ気味でしたが徐々に走り始めています。

マラソン大会については今後も開催中止が続出しており、年内開催しそうな気配を感じません。
唯一、アルビーズで企画されている各都道府県での大会が唯一の希望の星となりそう。

今日の記事はエントリー後中止となって参加賞などが送られてきた大会の紹介です。

鹿児島マラソン

P3260021







北海道・松本・鹿児島三大会連携参加賞

P4020075







茨城100K

14043








14041








南アルプス桃源郷マラソン

P3280070







チャレンジ富士五湖ウルトラマラソン

17080








安曇野ハーフマラソン


P6250037
 







今後のこのブログは大会ネタが当分ないため、大月でのラン記録やもろもろ、で記事を埋めていこうと思います。
ランニングブログランキング
ブログランキング
にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギング・マラソンへ
広告
ガーミンGPSの購入はこちら
おすすめ
読者登録
LINE読者登録QRコード
Profile

アンドリュー

横浜の市民ランナーです。フルマラソン30回超完走、47都道府県マラソン大会出走。東京マラソン2010の3時間14分以来記録は頭打ちです...。

あんどりゅーのあしあと
今まで走った大会の記録です。
GPSのコース記録や寸評(?)。
今後の予定

今のところなし!
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Archives
記事検索