あんどりゅーがランニングした足跡

走暦10+?年。フル10回目の東京マラソン2010で3時間14分達成。マラソン大会+観光で47都道府県出走。大会・旅行の様子や使用中のGPSウオッチについてあれこれ。2017年7月にミラーレスカメラを購入し調子に乗って撮りまくりたい。

2010年07月

「日本海メロンマラソン」の参加案内

P1020926.JPG







 来週の「日本海メロンマラソン」。先週のうちに案内が届いております。
暑いので無事にメロンを食べられるように気をつけよう。
 飛行機で秋田に、それから男鹿半島へ向う行程です。

久々に鎌倉に。

 とても暑いのでまともに外を走れなくなってきました。こういう状況で長く走るには木陰の多いトレイルがいいですね。
 久々に鎌倉のトレイルを走ることにしました。北鎌倉駅で降りて、明月院の裏手から入るハイキングコースに。



P1020899P1020901



P1020903 
 30分ほどで鎌倉市最高峰・大平山に到着(標高159m...)





 ここからさらに金沢文庫方面へ進み、途中の分岐で氷取沢市民の森方面へ。25分程度で横浜市の最高峰・大丸山(標高156.8m...)に。あっという間に鎌倉と横浜の最高峰を制覇。まあ、標高は箱根や高尾とかと比べたら冗談みたいな高さですが、海まで見渡せ、眺望は良いです。



P1020907P1020908



P1020909








P1020910 少し行ってから引き返しました。途中の尾根からは富士山も。来月登って来ます(歩いてです)。






 来た道を引き返して、今度は線路を渡り、浄智寺の脇を上り、大仏方面のハイキングコースへ。途中源氏山公園を通過。
 それにしても気のせいかもしれませんが、標識が新調されていました。


P1020913P1020916


 大仏切通が見えてきたところで降りずに右手の階段を上っていきます。何気にここの階段が一番きついです。


 P1020918
P1020919


 上りきった配水池からは舗装路を下って極楽寺の横を通過、


P1020921P1020922


 道が初めてだとわかりにくいですが、海辺に出ると稲村ガ崎です。
 


P1020923P1020924



P1020925
 ここにある「稲村ガ崎温泉」をいつも使っています。値段は1,300円と高めですが、18際未満禁止ということで客もうじゃうじゃとおらず、落着いて汗を流せます。




 今日はかなりの暑さでしたが、ハイキングコースは大半木陰で風も吹いていたので心地よかったです。とはいえ、かなりの汗をかきました。ハイドレーションの1.5リットルとペットボトル0.5リットルをしっかり飲んで水分補給しました。


続きを読む

「国境マラソンIN対馬」参加記(3)

P1020877P1020878

 
 最近、夜疲れていて、なかなかブログ更新まで手が回りませんでした...。対馬編の最終回です。

 風呂を出た後、これまたサービスの昼食を受け取りに。浜辺で焼いたサザエや「とんちゃん焼き」が入っておりおいしかったです。


 P1020881
 会場で昨日のNさんと再会し、同乗させていただくことに。これが無ければ、空港まで厳原港行きのシャトルバスで直行か比田勝行きのシャトルバスに乗り、路線バスで乗り継ぎでした。本数も多くは無いので注意が必要です。




 
 時間もあるのでということで「韓国展望台」や「和多都美(わたづみ)神社」をめぐりました。ところで、対馬は国内で唯一「ニホンミツバチ」による蜂蜜の採取を行っているそうで(一般には「セイヨウミツバチ」)、道路脇を良く見るとあちこちに地元の人が設置した巣箱がありました。


P1020883P1020884



P1020888








 さして空港に向う途中で不幸な知らせが。メールでANAから帰りの便が視界不良のため欠航と。もしかして今からでも間に合うかもしれないフェリーはどうかと電話しましたが満席とのこと。
 とりあえず、空港に行き、最終便はまだどうなるか未定とのことなので望みをかけることに。
 

 P1020892
 18時過ぎになって福岡からの最終便が空港に到着してくれたのでこれに乗って帰れることが確定。







P1020893 空港内のテレビでは今日の大会の様子がニュースで報じられていました。






 ということで予定より遅くなりましたが、何とか帰ることができました。離島に行く時は飛行機が出ない可能性も考えなければいけませんね。
 起伏のあるコースということも個性と考えれば、いろいろサービスもあり給水等もしっかりしており良い大会だと思いました。
 ただいかんせん交通の便が厳しい場所なので参加者は地元の方が大半で、あとは韓国と福岡など九州からという状況のようです(栃木や茨城の方が遠来賞でした)。もっと遠くから人を呼ぶにはいろいろ対策が必要かもしれませんね。

「国境マラソンIN対馬」参加記(2)

 大会当日、この日も曇り空で見晴らしは良くないのですが、その分気温は上がりませんでした。
 港には博多からのフェリーも到着していました。
 ホテルの朝食はこの日は5時から用意できるということで早々に頂き、部屋で準備をしました。


P1020863P1020865


 フェリー乗り場の目の前のバス停が送迎バスの乗り場となっており、厳原からきた送迎バスに8時過ぎに乗り込みました。バスを利用している人はあまりおらず、ホテルに泊まっていた人たちはどうやらレンタカーか自家用車かを利用していたと思われます。


 会場では受付もすぐに終りました。スタート・ゴール地点は谷のような形になっており、アップダウンの多いコースを予想させました。
 スタートが9時なのでそんなに次回はありませんでしたが荷物預けもすぐに終り、ウォーミングアップも済ませ、スタート前には思った場所に並ぶことができました。



 P1020867
P1020873



 スタートしてすぐのぼりとなり、以降、アップダウンが続きました。今回はキロ4'40前後のペースで無理せず走りました。給水は7箇所くらいあり、水、スポーツドリンク、スポンジ、それと別にシャワーも何箇所かあり、暑さ対策は充分でした。町の方々も結構応援してくれていたように思います。
 前夜就寝中に、右足をこむら返りさせてしまったので不安はあったのですが、走りに特段の支障はありませんでした。終盤は左足のふくらはぎが
痙攣しかかって急激なスパートは自重せざるをえませんでしたが失速することも無く、ゴールすることができました。抜かれるより追い抜くことのほうが多かったので現状なりのペース配分で走れたのかなというところでした。
 ゴール後は完走証を受け取り、荷物の回収後、会場隣の温泉に行きました。参加特典として無料券がついているので多くの人が利用していました。ただし、石鹸類は備え付け無しとのことで、入ってみたら実際石鹸は置いてあったのですが、シャンプーは無かったです。私の入った頃でも洗い場は順番待ちで、さらにそのあとは整理券を配っていたようです。


P1020898.JPG








P1020874








(続く)
続きを読む

「国境マラソンIN対馬」参加記(1)

P1020794 対馬。韓国からわずか50km未満に位置するそうです。今回は対馬の北端で開催されたハーフマラソンに参加です。行きから対馬空港の視界不良のため、結構の可能性アリということでとりあえず、福岡空港まで行きました。



 ここで、同じく羽田から乗り継ぎのNさんという方と知り合いました。いろいろ話しをしましたが、60過ぎで私よりずっとタイムが早く、各地の大会で年代別の優勝や上位になるような方でした。この大会も何度か出場されているのですが、昨年のタイムも私が冬の平地でなければ出ないようなタイムでした。
 しばらくして、とりあえず飛行機は飛ぶことになり(もし、着地時に視界不良であれば引き返すこともありうるとの注意つき)、乗ることができました。対馬へは福岡と長崎からそれぞれ一日4便程度出ています。
 飛行時間は正味30分程度で。

 Nさんはレンタカーで北部の宿のほうに行くということで、帰りの便も同じだったので、もし明日会えれば乗せてくださるとありがたいお言葉をいただいて別れました。
 私は空港から対馬の中心街「厳原(いづはら)」へ。路線バスで行きました。ちなみに事前に知っていた土日限定の一日乗車券1,000を利用しました。


P1020797P1020799



 厳原のバス停近くの交流センターにはそばとかファーストフード店がありました。
 ここから歩いていける範囲で北部行きのバスに間に合うよう、2時間ほど観光する予定でした。


P1020801P1020802


資料館、清水山城、金石城庭園、万松院といったところを見て回りました。韓国からの団体をいくつか見かけました。観光客という点では日本人より目立っていました。



P1020805P1020815




P1020816P1020820



P1020823P1020829



P1020839 厳原港には博多からのフェリらしき船も停泊していました。マラソン会場近くの比田勝港まで行く便もあります。当日早朝の便で大会に出る参加者も多いようです。





午後1時過ぎのバスで厳原を発ち、北部の比田勝へ。2時間30分ほどかかります。本来なら3,000円以上の運賃ですが、前述の一日乗車券が有効です。

道中はもっぱら山の中を走ります。


P1020844P1020849


比田勝のバスターミナルからは10分ほど歩いてフェリー乗り場につきます。今回の宿はその目の前です。
写真はフェリーじゃなくて海上保安庁の船です。念のため。


P1020851P1020852





P1020853P1020855


 今回の宿は4月の末に予約しておきました。外見は古いですが、部屋は三人泊まれる部屋で広々としていました。



P1020858








 天気がよければタクシーでも乗って北端のスポットにでも寄ろうかとも考えていたのですが、やめました。明朝は5時から朝食が取れるということでお願いして早めに寝ました(続く)。

対馬からようやく戻ってきました。

「国境マラソンIN対馬」ハーフマラソンを走って来ました。聞いていた通りの起伏あるコースでもちろんきつかったのですが、天気が良くなくずっと曇りで気温が高くならなかったので助かりました。現状なりの?走りで1時間38分くらいでした。

しかし、危うくもう一泊するところでした...。いろいろとありましたが、詳細はまたあとで。
ランニングブログランキング
ブログランキング
にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギング・マラソンへ
広告
ガーミンGPSの購入はこちら
おすすめ
読者登録
LINE読者登録QRコード
Profile

アンドリュー

横浜の市民ランナーです。フルマラソン30回超完走、47都道府県マラソン大会出走。東京マラソン2010の3時間14分以来記録は頭打ちです...。

あんどりゅーのあしあと
今まで走った大会の記録です。
GPSのコース記録や寸評(?)。
今後の予定

今のところなし!
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Archives
記事検索