あんどりゅーがランニングした足跡

走暦10+?年。フル10回目の東京マラソン2010で3時間14分達成。マラソン大会+観光で47都道府県出走。大会・旅行の様子や使用中のGPSウオッチについてあれこれ。2017年7月にミラーレスカメラを購入し調子に乗って撮りまくりたい。

2016年01月

「京都マラソン」参加案内

昨日、2/21の「京都マラソン」の参加案内が到着しました。

P12715561







スタートは一番前のAブロックが指定されました。
陸連登録の有無に関係なく申告した過去記録が優先して考慮されているそうです。

スタート会場の西京極競技場は初めて行くところですが、宿泊ホテルからはなんとか歩いて行ける程度の距離なので満員電車のリスクは避けられる見込みです。

銭湯の案内マップも入っており、流れによっては利用するつもりです。

アップダウンの多いコースで苦戦しそうですが、京都の見どころを巡れるコースのようなので、記録は期待せず楽しみたいと思います。 

「八丈島パブリックロードレース」参加記2016(2)

八丈島の最終日...。

我々は八丈島のすぐ近くにある「八丈小島」へのツアーに向かいました。

八丈小島はかつては人が住んでいたのですが、昭和40年代に全島民が移住し無人島となりました。

そもそも昨年に引き続いて八丈島へ行ったのは、同行の離島マニア(笑)が八丈小島行を熱望していたこともきっかけでしたが、実現したのは結構運が良かったことによります。

まず、八丈小島行のツアーというのは定期的に催行されているのではなく、原則として夏・秋限定で4名以上でガイドさんに申し込む必要があるという情報でした。この時期でも出来るか問い合わせたところ、一応天候さえ良ければ可能だが、人数は4名以上集めないとダメということで、同僚夫婦2名+私だけだと足りない状況。他に申し込む人がもしいれば、ですが出発日までに集まることもなく半ばあきらめての旅行でした。

とはいえ、二日間だけでも充実した旅行でしたので最終日は適当にブラブラでもよかったのですが、大会後の懇親会場で居合わせた一人旅の方と話していて、たまたまその話をしていたら、明日は我々と同じ飛行機の第三便で帰るけど特に予定もないので、そんな話なら行かないといけない流れですね(笑)との申し出てくれて、急きょ同僚はガイドさんに打診、明日の潮の流れが問題なさそうなら行けます、とのこと!

結局、翌日の催行はOKとのことで、急展開で八丈小島行が実現しました。

翌朝、ガイドさんがお迎え、昼食と酔い止めを調達。

出港場所は八重根港。
漁船をチャーターして向かいます。
八丈小島は釣りのスポットでもあり、島への異動は漁船を手配して送ってもらうのが一般的なようです。
漁船なので普通の客船と違い乗り込みはちょっと気をつけます。

P1111477P1111480







30-40分ほどの行程とのこと。 トイレは無いので先に済ませる必要があること、船がかなり揺れるということと、波しぶきがかなりかかるので我々の服装だと座る場所が限定されるという注意がありつつ乗り込みました。

行きの行程は正直しんどかったです。この時期にツアーが原則催行されない理由は波が強いということにあるようです。まさにジェットコースター並みの揺れで放り出されるんじゃないの?という感じ。
しばらくすると酔ってきました...。
30分ほどでようやく島に到着。
接岸も港などなく、がけのようなところにくっついて、タイミングを見計らって飛びわたる必要があります。かなり恐る恐るに...。

P1111484P1111486 







フラフラになりながらもようやく上陸。上陸地点の近くでは釣りをしている人たちもいます。
漁船はすぐ離岸して八丈島へ戻っていきました。
階段状となっているところを登っていくと草地が。
かつての集落跡です。
ここは宇津木という集落で、島の北側にはもう一つ、鳥打という集落があるそうですが陸路での行き来は困難だったそうです。

集落跡、といっても建物の残骸はすでに見当たらず、陶器のかけらや、船を引き上げておくドックなど石積みの遺構が辛うじて往時の面影を残しています。

P1111490P1111494







P1111495







物資の搬入はあまり頻繁に行えなかったそうです。小島での生活は本当に比べ大変厳しかったようです。
電力の供給はわずかで、水道設備もなく雨水だよりという状況だったそうです。確かに移住しないとやっていけないかんじですね。とはいえ、やはり生まれ育った地を離れがたいという人もいたそうです。
しばらく歩き、登っていくと学校跡に。15年くらい前までは建物も残っていたそうですが、今や朽ち果ててしまいました。

P1111502P1111509







ここで当時の話をいろいろ聞きながら昼食、ようやく回復しました。
ここからさらに登って集落の最奥の為朝神社を目指します。
石積みの階段...ですが、木々が生い茂りヤブというがジャングルと化しています。
源為朝がここまで来た、という伝説が由来の神社です。

P1111514
P1111516








P1111518












ちなみに島の山頂に行くのはもはやヤブをかき分けていく必要があり、困難な状況のよう、過去には遭難した人もいたとか。
以前はヤギが繁殖しすぎて山が丸裸になってしまい、駆除を進めた結果オス一頭くらいしかおらず、絶滅は時間の問題とのこと。結果、木々が生い茂り、野生の天国となりつつある模様。アホウドリの繁殖が確認されているそうで、いずれはそういう関係で訪れにくくなるかもしれませんね。

ここから引き返し、帰りの船を待ちました。
帰りは釣りの人たちも同乗。帰りの行程は潮の流れなどの関係か、穏やかでした。

P1111531P1111538 







この後は、帰りの便まで余裕のあったことから、ガイドさんが末吉温泉まで連れて行ってくれ、露天からの眺めを楽しむこともできました。
こうして、充実した、かなりディープな体験もした八丈島の三日間でした。

次の大会は京都マラソンです。
 

「八丈島パブリックロードレース」参加記2016(1)

先週1/9〜11は、再び八丈島へ向かいました。
今年は去年と比べ少し晴れ間が多い中、羽田から飛行機で八丈島に降り立ちました。


P1091351P1091358













今年はもともと連続出走する予定は特になかったのですが、大会後の懇親会など、なかなかいい大会であることを会社の同僚に話したところ、離島好きの同僚がぜひ行きたい!とのことで同僚夫婦と三人で行ってしまうことになりました。

第一便で到着、三根の宿から迎えに来てもらい、早々と部屋で休憩させてもらいました。
昼食後に観光協会の前日受付に。


P1091371P10913771








その後はバスを使って温泉巡りに。
八丈島のバスは本数が少なく、時間調整が難しいです。
観光協会まではタクシーを使いましたが、ここからはバスの時間が合いました。

中之郷の温泉の一つ「ザ・ブーン」へ。


P1091375







名前のまんまのバス停で降りると目の前にあるわけですが、近づくと男湯が丸見え状態と判明(笑)。
さすがに下の部分は曇りガラスとなっていますが...。

ここで汗を流してから裏見ヶ滝温泉へ。
歩いて10分程度です。

ここは混浴・水着着用です。
たまたま先客がいなかったので写真を。

P1091384P1091388







ちょうど夕方だったので眺めはばっちりでした!

そこからしばらく歩いて通りのバス停へ。時間がぎりぎりになってしまいましたがなんとかバスに乗れました。

宿に戻ってから予約してあった「黄八丈の機織り体験」に。

P1091394







「黄八丈」というのは八丈特産の機織りで見ての通り黄色が特徴。
ちょっとした敷物サイズですが、機織りを使って、自分の好きなように色を組み合わせてみました。
お店の方で仕上げて後日送ってくれるとのこと。

翌朝は大会当日。会場は歩いて10分ちょっとの近さ、かつスタートが11時以降なので楽です。
当日の飛行機や船便でも間に合います。

P1101400P1101404







去年来ているので勝手はわかりました。
荷物置き場を兼ねる体育館に陣を張り、ウォーミングアップ。
風は強いですが、東京よりはまだ温かみがある空気で震えるほどではありません。

11時のハーフ、10分の3kmのスタートを見送り、50分に10kmの部のスタートです。

P1101405P1101413







規模の小さい大会で、そんなにバリバリ走る参加者が少ないです。
西風が吹く中、前半は向かい風となるのでスタートは誰かの後ろにいたかったのですが、初め前にいた人が「ここはいてはいけない場所だ!!」と言って後ろに引いてしまい(笑)、自然と前に...。
まあ、前年の記録を見た限りでは上位のタイムは出せる感じでしたので相応と言えば相応。

スタートして三人ほど若そうなのが飛び出していき、追いつけるペースではなかったのでマイペースに。出だしはしばらく上り坂でかつ向かい風。単騎になってしまったので無理せず。
しばらくして後方から数名が追いつき集団となりました。
ここでもくろみ通り、人の後ろについて走ることに。

上り坂が終わると一転、折り返しの「千畳敷」まで下り一方。100mほどおります。
しかし向かい風は強いので決して前に出ることなくリラックスして走り周りを利用することに集中しました。
前に出る人は何度も入れ替わりつつ下り切り、千畳敷の風景が目の前に。

数人脱落し3人ほどの集団でしたが、折り返し手前で前の人のペースが極端に落ちたのでここからは思い切って前に出て、後ろに一人。

折り返しまでは力を入れず我慢の走り。八丈小島の眺めを楽しみました。
折り返しになりようやく向かい風は終了。二人の並走で後半の上り坂に臨みました。
ちょうどハーフの部の選手と合流するので追い込み目標として走りました。

なお、給水は3,4箇所。スポーツドリンクもありました。島レモンとかあったような話でしたが、上位がかかっていたので気づきませんでした...。
沿道はさすがに人は多くありませんでしたが、空港前では太鼓があったり、ところどころの応援に応えていきました。

登りはもちろんペースが落ちますが、前半力を温存出来たおかげか、いいピッチで走れた気がします。
並走相手も後退しほぼ一人旅に。

終盤別の人が一気に追い抜いていきましたが、年齢は若そうだったので無理に追いつくことは考えず。

無事ゴール。

P1101431







記録証はすぐに出まして、めでたく「壮年の部」1位!
生まれて初めて運動の大会で1位。
後ほど確認したところ総合1位とは7分差でしたが....。

軽食を頂き、同僚らと合流。お互いの健闘を祝ったのち、温泉の送迎バスへ。
今回は前回より遅い便に乗ったので別の温泉「ふれあいの湯」に。

脱衣場はかなりの混雑だったのはやむを得ないところ。

P1101433







そしてバスで懇親会場へ。
去年と同じく豪華な食事、飲み物!

P1101439P1101440







P1101441P1101442







P1101443P1101444








私は壇上で表彰していただき、充実した副賞も。


P11115551P1111474







昨年よりさらに参加者が増えたということで賑やかでした。
昨年同宿の人とも再開し楽しいひと時でした。
 

マラソン大会記録集(2016年)

マラソン大会記録集 2016年の大会参加記録をまとめました。
(2016.12.25)
「コース」のリンク先はすべて「Garmin Connect」です。

 日付 大会名実施地距離
ネットタイム順位参加賞
参加費距離実測コース
その他
1/10 八丈島パブリックロードレース東京都八丈町10K
0'42'***/201 Tシャツ
3,000円10.01kmコース
コースはやはりきついですが、懇親会が豪華です。
2/21 京都マラソン京都府京都市フル
3'22'**9**/11,576タオルなど
12,617円42.49kmコース
前半が起伏ありきつめです。
3/22 板橋Cityマラソン東京都板橋区フル
3'25'**1,2**/12,237ポーチ
6,500円42.34kmコース
河川敷で平坦なコースです。
5/ 8 仙台国際ハーフマラソン宮城県仙台市 ハーフ
1'35'**1,1**/9,883Tシャツなど
6,000円21.29kmコース
仙台の中心街など走れるコースです
5/15 LINKくにたちリレーマラソン東京都国立市1周約1.5K
24周(2'5*'**)9*/160タオル
17,500円(5名チーム)1.46kmコース
3時間耐久。一橋の大学通りを走ります。賑やかな雰囲気でした。
5/29 カーター記念黒部名水マラソン富山県黒部市10K
0'42'**7*/1,724タオル
3,200円10.05kmコース
10Kコースは平坦。ゴール後の給食が良い。
6/26函館マラソン北海道函館市ハーフ
1'35'**2**/2,214リュックなど
5,000円21.13kmコース
ハーフは平坦。風が強かった。ゴール後の給食が良い。
7/23わかさぎマラソン青森県東北町10K
42'**8*/349タオル
2,000円9.95kmコース
小川原湖湖畔のローカルレースです。
8/28富士吉田火祭りロードレース山梨県富士吉田市ハーフ
1'47'**5**/1,937Tシャツ
4,500円20.94kmコース
平坦な道がない。森の中のタフなコースです。
10/23ちばアクアラインマラソン千葉県木更津市フル
3'44'**2**/2,214バッグなど
12,500円42.36kmコース
アクアラインを走れる大規模大会。雰囲気も良い。
12/10伊豆大島マラソン東京都大島町フル
4'10'**6*/332醤油
6,800円42.17kmコース
伊豆大島を一周する。起伏が厳しい!
ランニングブログランキング
ブログランキング
にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギング・マラソンへ
広告
ガーミンGPSの購入はこちら
おすすめ
読者登録
LINE読者登録QRコード
Profile

アンドリュー

横浜の市民ランナーです。フルマラソン30回超完走、47都道府県マラソン大会出走。東京マラソン2010の3時間14分以来記録は頭打ちです...。

あんどりゅーのあしあと
今まで走った大会の記録です。
GPSのコース記録や寸評(?)。
今後の予定

今のところなし!
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Archives
記事検索