あんどりゅーがランニングした足跡

走暦10+?年。フル10回目の東京マラソン2010で3時間14分達成。マラソン大会+観光で47都道府県出走。大会・旅行の様子や使用中のGPSウオッチについてあれこれ。2017年7月にミラーレスカメラを購入し調子に乗って撮りまくりたい。

2017年02月

4月と5月のレース

何の工夫もないタイトルで恐縮ですが...。いろいろレースを入れています。

4/1(土)は「南熱海夕空絶景マラソン」。
これはごく小規模な大会です。
熱海から一駅行ったところが会場で、海辺の公園を周回します。
私は10Kの部に参加。 

友人と熱海旅行がてらの参加です。
土曜日の13時ごろの開催。「夕空」はちょっと違うような気もしますが、海辺なので景色はきっといいでしょう。そのほかのサービスは特に期待していません。
同行者とは熱海で解散なので日帰りでもいいのですが、せっかくなので翌日は「大井川鉄道の旅」を実行することにしました。

5/5(金・祝)は「信州なかがわハーフマラソン」。
長野の南のほう。飯田線沿線の中川村というところです。
アップダウンも結構ありきつそうなコースです。

GWの中の開催でスケジュールに余裕があるので飯田に2泊して、沿線観光を楽しみしたいと思います。

 

「いわきサンシャインマラソン」参加記(2)

大会当日。晴れてます。とはいえ冷えます。

ホテルの方に6時30分過ぎ湯本駅まで送ってもらい、湯本発シャトルバスの2本目に乗車。
昨日から確保していたロッカーへ荷物の一部を預けたのち、大きなバスで楽に乗車できました。


DSC_0329





約20分くらいで会場の陸上競技場へ。
更衣室用の体育館は大きく、特に困ったこともなし。
スタート会場にも出店があり、何か調達漏れがあっても困らないでしょう。
仮設トイレも体育館からすぐの出店や荷物預けのスペースの先に多数あり。
スタート地点もその目の前で導線としてはスムーズかと。
整列は申告タイムで分かれており、A(3時間以内)から順に。Aだけ陸連登録者は区分けされ一番前に。
陸連登録でもBブロックの人もいました。
Aブロックは「3時間以内」となっていますが、3時間以内など間違っても申告していない私がAブロックだし一般のAもこんなに3時間以内を申告した人いる?というくらいの人数でした。表記と実際は違うかな。

9:00スタートで8:45には整列を、といういい方でしたので体育館でなるべく粘ってからスタート地点へ。
スタート地点は競技場の玄関の前ですが、ちょうど日蔭で寒いので少し外側の日向に。
ブロック分けもロープで規制しているわけでもなくゆるめでしたので。

スタート直前に高校生の応援。

DSC_0339DSC_0340





今回はかなり寒いことを想定し、
1 頭をニット帽で覆う。
2 アームウォーマー
3 手足にホットジェルを塗る。
4 手袋は二枚重ね。
5 内側の手袋の上から貼るカイロ
6 スタート時まで100円ポンチョ装着(スタート前にに脱いで道中廃棄)。
7 ウェア(上)も重ね着

以上、考えかられる限りの対策を施しました。
2から4はいつもやるのですが、特に5は初の試みでした。
結果、いつもならフルのレース後は手がかじかんでまともに動かせないところ、今回はそこまでいかずに済んだのでカイロ効果は大きかったと実感しました。

レースはスムーズにスタート。
キロ5分ペースで行きました。

スタートしてすぐにアップダウンがあり、そのあとはしばらくほぼ平坦。
海沿いに出てからは風が強くなりました。
海沿いは防波堤の建造も進み見晴らしの無い箇所も多いですが、ところどころ太平洋の眺めが。
エイドは充分にあり。

なによりも、町の規模からするとかなりの応援の人出。
向かい風のきつい時もありましたが気持ちよく走れます。

中間付近の三崎公園は急な登りとなりきついのですが、登り切ると見晴らしがいいのと、特産品のエイドがあり、たしかトマトとイチゴをおいしくいただいた記憶が。

後半はゴール会場の小名浜港をいったん横切り工業団地へ。
この地域は家がないため人が少なくなります。
35kmあたりからアップダウンの連続。ここまででペースが落ち込み始めており、3時間30分切りは困難な情勢に。
やはり今シーズンは走力が落ちましたね...。

それでも大きな落ち込みはこらえて、ゴール。

DSC_0341





完走記念のレイ。

P2120086







ネットタイムはゾロ目がでました(笑)。

P21200821







サンマのつみれ汁とカジキマグロの肉まんは無料チケットがありました。
まだ私のゴールした時点ではそんなに並ばずにすみました。

DSC_0344DSC_0347





DSC_0351






しかし、小名浜港は結構、風が強く、外の出店を回るのはきつく、隣接する商業施設の中へ。

DSC_0352






もともと小名浜港は観光客向けの施設が充実しており、飲食や土産物調達はここで充分に済ませられます。串焼きを食べたり、土産の海産物や塩饅頭を買ったり。

それから、特に並ぶこともなく湯本駅行のシャトルバスに乗り、駅前に戻りました。

湯本温泉では一部の宿でランナー向けに500円でワンコイン日帰り入浴を実施しており、駅から手近なホテルで温泉に入ることが出来ました。サービスで甘酒まで頂き、すっかり温まりました。

P2120075







この後は予定の特急に乗り帰途へ。
本当なら駅で気の利いた弁当やらおつまみ、飲み物を買いたかったのですが、駅周辺には気の利いた売店はなく、駅のNEWDAYSで調達したありきたりのおつまみと飲み物と辛うじて地元っぽい「しらすせんべい」で車内のひと時をしのぎました。

それから、気づいてませんでしたが、順位がキリ番の特別賞に当たっていたらしく、今日になって商品が送られていました。
タオルと地元高校生が企画に携わったというインスタントコーヒーのセットです。

P2190001







私のタイムはどんどん落ちていますが、いい大会でした。
常磐線の旅もなかなか快適なので沿線の大会があればまた利用したいと思います。
 

「いわきサンシャインマラソン」参加記(1)

先週は福島・いわきの「いわきサンシャインマラソン」のフルの部に参加してきました。

ネット上での評判が高いので2月というマラソンハイシーズンの中でも行ってみたかった大会でした。
東京マラソンが無事落選(?)したのでこちらにエントリーをしておりました。

宿についてはオフィシャルの宿泊は頼まずネットで湯本温泉の宿を予約。

駅からちょっと遠いのが気になっていたのですが、数日前に宿から電話があり、湯本駅に送迎してくれるとのこと。
やっぱりマラソン参加ですか?と聞かれそうですと答えると宿の方も昨年は参加したそうで、他にも駅まで朝送る人がいるということで、大変助かりました。

土曜日は品川発の「特急ひたち」に乗車。
昔は名前にフレッシュとかついてましたが、変わったようです。
以前なら上野発ですが、今や品川発と使いやすくなりました。


P2110016P2110020







ちょっと驚いたのが、北陸新幹線みたいに全席電源つきということ。
約2時間半の行程ですが、快適な車両でした。
また、この車両は指定席なのですが、ネット上で未指定で確保もでき、この場合、都内の普通グリーン車みたいについている頭上のランプで席が指定済みかどうか判別し、指定未済の席はもちろん、指定済みでも指定客が来るまでは座っていていいよ、という仕組みです。
私の隣の席はずっと指定済みの青ランプでした...が結局最後まで誰も来ず。どこかほかの席にいたのだろうか??


P2110023P2110026

 





昼にはいわき駅に到着。


P2110029P2110032







昼食をとって、バスで国宝の「白水阿弥陀堂」を見に行きました。
路線バスの本数は一時間に一本程度です。
冬季は15時30分までの開館なので気を付けた方がいいです。
周囲の庭園もいい雰囲気でした。

P2110042P2110052







この後は湯本方面に向かうのですが、阿弥陀堂のバス停からではいわき駅にしか戻れないので、しばらく歩いていわき駅から湯本方面への道まで出てバスに乗車。

湯本駅の手前で降りて「いわき市石炭・化石館 」へ。
いわきでは日本で初めて首長竜(今はフタバサウルス・スズキイという)が見つかった場所だそうで。
化石の展示がなかなかの迫力。

P2110055P2110058







また、かつて石炭採掘が盛んだった地域ということで、炭鉱の中の様子が展示されておりなかなか勉強に。

P2110065







いい感じで見学を終え、そのまま歩いて湯本駅前に。
荷物が多く、大会当日は預けきれないため一部湯本駅前のロッカーに預ける作戦を立てておりました。
ただ、見たところロッカーの数がさほど多くなく、当日満杯のリスクを避けるとため、前日からロッカーを1個確保しておくことにしました。

この後は駅前で夕食。駅前も足湯があったり駅舎もきれいでそこそこ雰囲気はありますが、旅館が密集しているのはもっと奥のようで、大きな土産物屋とかは無し。
ちょっとうろうろして夕食をとれそうなところに入りました。

P2110066







その後、ホテルに連絡したらちょうど他の客を迎えに駅前に来ていたところ、瞬時に乗車できました。
それにしても、夕食は全くやっていなかったようで全員素泊まりの模様。スタッフも電話をくれた、運転もしてくれた男性の人一人しか見かけず、ひっそりと営業しているのかな...という印象でした。

さすがに夜のいわきは冷えこみましたが部屋はガスストーブもあり、ちゃんと眠れました。






「函館マラソン」次回案内

昨年参加した「函館マラソン」から、次回大会の案内が届きました。
まあ、次回案内自体は多くの大会であることなので、あえて「大会参加記」には含まないのが通例ですが、
これについては、前回大会参加者へのプレゼントとしてピンバッチがついてきたので紹介しておきます。

P2040001







前回大会は強風など悪天候や運営の不手際でご迷惑をかけましたので...ということだそうです。
大変だった思い出はよく覚えていないので、そういえば風強かったな...とようやく思い出した程度。

ぜひこれを帽子とかに着けて次回も参加してください、ということだそうです。
帽子につけとけば風に飛ばされることもないですね!

来週はいわきサンシャインマラソン。今シーズンは成績も落ち込んでいるうえに、ちょっと右足に痛みがでており、慎重な構えが求められそうです。


 
ランニングブログランキング
ブログランキング
にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギング・マラソンへ
広告
ガーミンGPSの購入はこちら
おすすめ
読者登録
LINE読者登録QRコード
Profile

アンドリュー

横浜の市民ランナーです。フルマラソン30回超完走、47都道府県マラソン大会出走。東京マラソン2010の3時間14分以来記録は頭打ちです...。

あんどりゅーのあしあと
今まで走った大会の記録です。
GPSのコース記録や寸評(?)。
今後の予定

今のところなし!
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Archives
記事検索