あんどりゅーがランニングした足跡

走暦10+?年。フル10回目の東京マラソン2010で3時間14分達成。マラソン大会+観光で47都道府県出走。大会・旅行の様子や使用中のGPSウオッチについてあれこれ。2017年7月にミラーレスカメラを購入し調子に乗って撮りまくりたい。

トレイルランニング

「八重山トレイルレース」参加記

先日はお隣の上野原市で「八重山トレイルレース」のショートコースに出走しました。

会場へはJR上野原駅からシャトルバスが出ます。

雨が少し降っている状況でしたが、激しくはありませんでした。


P6090031







会場の上野原中学校。

受付はスマホに表示する参加票です。


P6090034







P6090035







P6090036







体育館が荷物置き場。
雨なのでここで待機。


P6090037







P60900381







P6090039







ロングコースのほうが先にスタート。
続いて8:40にショートコースがスタート。


GH010192_Moment







少しロードを走ってトレイルへ。学校の周りのロードを走り、トレイルは学校からすぐに入り口があります。
最初の方は幅が広くスムーズに走れます。
最初のピークを過ぎて下り、道志ほど急な坂ではなく、私でも駆け下りれます。
とはいえ、ぬかるみができており、ところどころ滑りそうなところ、ぐちゃぐちゃなところがありました。



GH010196_Moment








GH010197_Moment







GH010198_Moment







5-6kmくらいでロードに出て、そこから5kmくらいはロードを走ります。
この辺りまでくるとかなり選手間はばらついています。
山間の道は静かで気持ちが良いです。
集落に入り、一つ目のエイド。

水とバナナなどを頂きました。
この日は体感温度も低く、ハイドレーションの水を使うことはほとんどありませんでした。

GH010203_Moment







沿道のかたからはプレゼントも。

山道に入り二つ目のピーク。
ぬかるみもしばしば、少し急なところでは立ってるだけでずるずると滑るような箇所もありましたが、そこは慎重にクリア。
ピークの高低差は300m程度で、比較的ラク。比較的ですが。

再びロード。全体でショートコースのロード率は3〜4割かと。


二つめのエイド。

GH010206_Moment







そして、来た道に戻り、3つめのピークを越えて会場に戻りました。
ラストは走りやすいトレイルを駆け下りてゴールしました。

ロード率の高さと、走りやすいコースのおかげで順位もトレランにしてはいい方でした。


P609004411







選択制の参加賞は味噌を。

P60900421







足はドロドロ...洗い場で流しました。


P6090045







P6090048







P6090051







ロングの選手も戻り始める中、帰りのバスが動き始めた模様なので乗り込みました。
駅行きもありますが、秋山温泉行の方に。
温泉の無料券がついています。


P6090055







ちょっと混雑していましたが、露店もあり気持ちよく過ごしました。


P6090059







温泉の食堂は満員のため、入浴だけで撤収。駅前の数少ない飲食店のうち、北口の中華屋へ。
全然空いていました!


P6090065







P6090062








P6090063








P6090064







大会運営は特に問題なく、ぬかるみを抜きにすれば、コースはよく整備された印象で、急な坂が少なく、私にとっては走れるポイントが多いコースでした。

もちろん筋肉痛は免れませんでしたが...。



















 

大月・むすび山〜高川山

二週間前の話になりますが、家から近くの山に行こうと、「高川山」へのトレランを敢行しました。

標高1000m弱の山です。

高川山の最寄は隣駅の「初狩」ですが、大月からでもランならなんという距離ではありません。

朝、まず大月駅正面のバイパスの上から雁ヶ腹摺山など大月北側の山並みを鑑賞。
快晴でいい見晴らし。

P1160856








P1160858







ここから西方面へ。富士山と「むすび山」が見えます。

P1160873







大月から高川山へ向かうには「むすび山」を越えるルートになります。

P1160874







P1160878







大月市民病院を通り過ぎて登山口に向かいます。

P1160879







登山口は民家の軒先みたいなところ。

P1160881







下の写真の右手になります。


P1160882







15分程度で頂上近く。
カタクリの群生地。

P1160887







P1160888







「むすび山」の頂上は大月・都留を見下ろし富士山も望める意外といい場所でした。
戦時の防空監視硝の跡です。

P1160891







P1160893







P1160896







ここから西へ。正面に富士山を望めました。


P1160899












分岐が二回、アップダウンを数回超えます。
途中にはロープ場もあり結構急でつかんで進みましたが、軽装でもまあ大丈夫な場所です。。


P1160913







P1160921







高川山。ほぼ360度の見晴らしです。

P1160927







富士山が大変きれいで、来てよかったです。


P1170004








P1170006







P1170010







教えてもらったのですが、望遠カメラから東には新宿のビルがかすかに見えました。


P1170037








西には甲斐駒ヶ岳なども。


P1170041







ここから初狩へ降りる道。男坂と、女坂、もちろん女坂から。


P1170050








P1170053







P1170057







初狩駅へ、休憩時間を含め、4.5時間。休みなくいけば2時間を切るでしょう。

P1170067







大月から東の中央線は本数が少なく、40フンほど待つ羽目に。

P1170068







周辺を散策。作家の山本周五郎生誕の地らしい。
あいにく食事できるようなところはなく、くつろげないですが...。

P1170072







岩殿山では物足りないけど、という場合もよさそうなコースです。
もうちょっと暖かくなったらさらに開拓したいと思います。



























「ヤマレコ」を活用してコース作成も、登山届も!

トレイルランに行く際、当然地図は持っていくのですが、フォアアスリートにコースを登録してナビ機能を利用しています。

フォアアスリート935は地図表示はできませんが、ルートが線で表示され、外れると警告してくれるだけでも十分です。

コース作成は「ガーミンコネクト」で直接できるのですが、市街地なら離れた地点をクリックすると道路沿いに線が伸びていくのでほぼ意図したとおりに作るのが楽ですが、登山道はそうはいかないです。

従来は「山と高原地図」などを見ながらフリーハンドでコースを引いていく感じでしたが、もっと楽な方法を確立しました(結構知っている人いるのでしょうが...)。

ヤマレコ」という、サイトがございます。
山行の記録や計画を共有できるサイトでルートをGPSから読み込んだり、作成してGPSに書き出すためのファイルを作成したりできます。
さらに、計画を作成したときは、「コンパス」という、登山届サイトへ連携して計画を届けることができます。

「新規作成」から「山行計画を書く」に

13








「ヤマプラ」で作成する、のが便利です。


14








「地図を選んで作成」


15







「山と高原地図」のエリアを選ぶとその領域に飛んでくれます。
ポイントをクリックしていくことで非常に簡単にルートが出来上がっていきます。
所要タイムは当然歩きを前提としていますが倍率変更できますのでトレランの人は速くすればよいでしょう。

16







終わったら右下の「保存」を押し、「山行計画を作る/GPX書き出し」を選びます。

17







とりあえず「山行計画を編集」へ。「GPXへく書き出し」は後でもできます。

18







「コンパス」への連携で登山届を提出できます。
「コンパス」の詳細はサイトをご覧いただきたいですが、警察・自治体への届け出にもなりますのでいざという時の備えとなります。

19







登山届の後は画面を戻り、登録した計画の画面で「マップ機能」から「GPXファイルをダウンロード」を選びます。
すると左下にダウンロードしたファイル名が表示されます。


20








ガーミンコネクトでコース作成時にこのファイルをインポートします。

21








22







コース名を編集して保存すればOK。あとは、フォアアスリートに同期されればコースが登録されます。


23








「ヤマレコ」も「コンパス」もあらかじめユーザー登録(無料)しておけばスムーズでしょう。




「大月桃太郎伝説トレイルラン」完走しました。

この前の日曜日は大月の扇山から百蔵山が舞台のトレイルランでした。
大月の大会などたぶん他にないので貴重な機会と思い、フルマラソン翌週にもかかわらずエントリー。
鳥沢駅からシャトルバスで会場の桂川ウェルネスパークへ。
大月方面からの電車で降りた人は皆無。
たぶん、最初の便で全然空いてました。自家用車で来る人も多いのでしょう。


PB040031







PB040033







会場へ。やはり、すでに来ている方たちが。

PB040034







受け付けはすぐに終わり。

PB040035







PB040045







更衣室の建物ですが、7:00になってもまだ係の人が空けに来ないとのことで、しばらく外をうろうろ。

PB040042







PB040043







菜園なんかもあり、のんびりした場所。


PB040054







空模様はいまいち。





PB040060







開会式。

PB040068







25キロの部の参加者は200人ちょっとか。

PB040072







スタートしてからしばらくは道路。そして林道に。

PB040074







山道へ入り、なかなかきつい登り、そして急な下り。
周りのペースに合わせて走っていましたが、何かに足を取られ前のめりに転倒してしまいました。
幸い右ひざを軽く打撲しただけで、小休止の後復帰出来ました。
ただし、ゼッケンをとめていたホルダーが一部吹っ飛んでましたが...。

PB040075







一つピークを乗り越えた後、犬目の町中に出て走ります。私の得意な舗装路(笑)

PB040078







エイドに。飲み物や食べ物、一通りあり癒されます。

PB040079







そして再び山中へ。扇山の頂上を目指します。

PB040081







標高が高くなると紅葉も見ごろに。


PB040083







ようやく扇山に。曇り空で富士山は見えず...。

PB040085







今度は百蔵山を目指していったん駆け下り、また登ります。

PB040086







なかなかしんどく、ちょつとした登りでもほぼ歩き。

PB040090







エイドでエネルギー補給。

PB040091







PB040093







以前、一人で訪れたときは倒木が散らかっていて迷いそうになるくらいで、走るどころではなかったですが、きれいになっていました!
とはいえ、急な下り坂が多く、後ろから来る人に道を譲ること、多々ありました。


PB040095







百蔵山でも富士山は見えず...。


PB040097







この後は、ずっと下り。岩場の多い、林の中を一人下り、今度は何人か追い抜きました。
山を抜け、エイドで補給したら、あとは舗装路。まだまだ何キロか残ってます。


PB040099







勢いよく駆け下り、猿橋へ。


PB040101







名所猿橋を歩いて渡ります。

PB040105








PB040106







中学校のグラウンドを通り抜け、会場へ戻ります。

PB040110







最後はまだ登りが残っており、苦しみましたが、足が攣る前にゴール出来ました。

PB040122







一休みしたら、そのままバスに乗り鳥沢駅へ。
丁度よいタイミングで電車が来たので、やはり一人乗り込み帰路につきました。
近くていいです。

PB040125







PB040126







順位的には真ん中より上くらいでしたので、私としては上出来です。
とはいえ、急な登りも下りもやっぱり苦手です。しばらくトレイルレースはいいかな。

PB0400341







フルマラソンの翌週でしたが、そこそこ走れたのでダメージが深く無く済んだのかな、とは思います。
やっぱりの筋肉痛が出まくっていますので収まってきたら走り込みを続けます。



陣馬高原下〜陣馬山〜南高尾


今日はおよそ二か月ぶりに高尾のトレイルへ。

今回は、高尾駅から「陣馬高原下」のバス停まで行ってそこから陣馬山に登るプラン。

「陣馬高原下」行きのバスは一時間に一本のペースなので時間には注意です。

P8060002







高尾駅北口の一番乗り場から、整列用の案内板が出ていました。

バスは臨時便と表示されていたのでおそらく一度に二台きてました。
およそ30分ちょっとかけて「陣馬高原下」バス停に到着。

P8060005







小仏と違って集落があり、お店も。



P8060007







あんパンが無人販売状態で150円で売っておりましたので、釣銭がでないよう二個買いました。

P8060009







P8060010







1キロちょっとほど舗装路を登り、そこからトレイルへ。


P8060013







P8060015







ひたすら登り、50分弱で陣馬山へ。随分久々です。


P8060023








シャーベットを頂いておきました。

P8060024







そこからは小仏経由で先日同様、南高尾へ。
汗だくでした。








「フォアアスリート935」使用感(4) あと南高尾へ行った

久しぶりにトレイルランをしてきました。
場所はやっぱり高尾。

ただ、いつものコースの稲荷山とかは、人も多いし...と思い新規ルートを。
「南高尾」をとおるルートにチャレンジすることにしました。
小仏バス停〜景信山〜堂所山〜城山〜大垂水峠〜三沢峠〜四辻〜高尾山口というルートです。
陣馬山まで寄らないのは私の現在の体力では日が暮れてしまうからです。

もちろん、トレイルランでのFA935の性能確認も目的。

出だしでハイドーレションパックのホース接続部分が裂けて水がもれなく流れ出るというちょっとしたアクシデント(笑)が。電車の中とかでなく、外でよかった...。
この日の給水はペットボトルにて。

高尾山口のロッカーはいつも改札の左手を使っていたのですが。極楽湯の入り口の方にもあるのを先日気づいたので、そちらを使用。



P5280084








京王線でいったん高尾駅に行き、北口からバス乗車。
北口に出るにはJRの構内に入らなければなりませんが、パスモ利用者は京王からの連絡口で一番左の黄色い自動改札を通れば無料でパスできます。

小仏行きのバスは乗客が多いせいか、同じ時刻に二台出発します。

バス停から車道をしばらく登りそれからトレイルへ。
FA935のアクティビティーには「トレイルラン」があったのでそれで。
昇降ペースとか見られるようです。
高度が正確に表示されるのかが一番気になっていたのですが、景信山までは現地にも、持参した「山と高原地図」にも標高が出ているポイントが無く確認しようがありませんでした。


景信山に到着。

P5280085







山頂標識前でのスクリーンショット。
景信山の標高は727m。ほぼあってます。


75S15252










75S20424









走り始めはGPSで高度を決定したはずですから精度が良いといえます。
ちなみに昨年FR235をつけてここへ来た時の高度の記録を確認したら712mとかで10m以上のずれ。

ここから堂所山へ。
この山は展望が開けておらず、いつも陣馬山へ行くときはまき道をとおっているので来るのは二回目くらいです。

こんな立派な標識とかベンチとかなかった気がします...。

P5280088












P5280089







標識が733mでGPSが731m。


75S23305









せっかくなので手入力による高度補正の操作を。


75S23854









75S23906










このとおり補正成功。


75S23932










ここから引き返して城山に。
ここでのFA935の表示は671mで、標識の670.3mとほぼぴったり。


P5280095







気をよくしてここから、初めての南高尾コースへ。

P5280101







大垂水峠まで下のような走れるところよりも、急坂が多かったです。


P5280103







沢を通ると大垂水峠も近いです。

P5280105







大垂水峠は車道が通っています。


P5280107








地図の表示と車道上の看板の標高がずれていて何を元にすればよいかよくわかりませんでした。
とにかく、ここではFA935は数mくらいずれが生じていました。


P5280108







歩道横から伸びている橋を渡り向こう側へ。


P5280110







P5280111








しばらくはきつめの坂。
すれ違う人はあまりいないです。


P5280112







大洞山を過ぎると走れる箇所が増えてきます。


P5280114







初めてのルートで多少不安はありましたが、標識が随所にあり、そんなに迷うことは少ないです。



P5280116







途中、津久井湖とかの眺めが開ける個所もあります。

P5280120







三沢峠。ここで唯一団体のハイカーの方がいました。


P5280122







ここからは方向を北に転じていきます。

P5280129







城山湖の眺め。

P5280133







草戸山(松見平休憩所)をすぎると急な起伏の繰り返しになり、あまり走れません。


P5280137







P5280139







ここも高尾駅方面との分岐となる四辻まで、標識は多く、迷わないです。
まあ、それはそれで、起伏の繰り返しで、いい感じに足はへろへろです。

P5280140







標高を確認できるポイントごとで大きくて5m程度の差がありましたが、まあ、いい感じだと思います。次回はGPSの自動高度補正をストップして気圧高度計でどれだけ正確に測ってくれるか、機会を見つけて確認したいと思います。

ただしその前に、今後のトレランでの給水装備をどうするかが課題です...。
ハイドレーションシステムとか装備するまでもなく、ペットボトルでも十分なことが多いとわかったので..。

裏高尾トレイル久々

昨日は、久々にトレイルランに行ってきました。
高尾です。
今、記録を見返したところ、昨年は全く行ってませんで、一昨年の夏以来でした。
横浜からですと片道二時間近くかかってしまうのでなかなか大変なんですよね。
今回の目的の一つで、高尾山口駅前に新しくできた温泉を試してみるというのもありました。

久々の高尾山口駅は駅舎が木目調になっていたり、観光案内所が出来ていたりと大分見た目が変わっていました。

P5211557







コインロッカーももちろんあります。結構埋まっていましたが少し空きがありました。
着替えなどを持ってきたのでここに預けます。

P5211556







で、従来なら、ここから登って陣馬山まで片道13kmを往復なのですが、正直なかなか負担が大きいなと思っていまして、今回は行きを小仏のバス停からスタートして景信山へ登り、陣馬山で折り返して高尾山口へ降りる、こととしました。
小仏へのバスは高尾山口ではなく高尾駅北口からです。
なので一駅移動の手間がかかります。
高尾山口からのバスは土日日中は1時間に3本出ています。バスで約20分。
小仏バス停にはトイレもあり。小仏側からは午後に帰り客をあてこんで高尾山口行きも出ているようです(逆に高尾山口から出る便はないみたいです)。

P5211560P5211561







舗装路を約700m、急な登りなのでゆっくり走るか歩くかして7分。景信山への山道の入り口は標識があるのでわかると思います。舗装路をそのまま行くと小仏峠方面になるようです。
ここから1km約20分、ほぼ登り続け小下沢との分岐。ここも標識があるので間違いないと思います。
バス停の標高が300mくらいで、そこから300mくらい上がっています。

P5211563P5211564







さらに約8分で景信山に到着。予想した通り、稲荷山コースなどよりは人が少なく(数名とすれ違ったり追い越したりの程度)、スムーズに登ることが出来ました。
景信山は前にも増して賑やかでした。

P5211573P5211574







売店の様子は依然と変わりなく、名物のなめこ汁を頂きました。

P5211575







そこからはなじみのコースで陣馬山へ向かうのみ。
道中、尾根の周囲の木をそっくり伐採し、木陰の消えた箇所もありそこは残念でしたが...。ほぼ依然と変わりない道のりでした。


P5211578







小仏バス停から正味移動時間1時間30分、約7.8kmで陣馬山へ到着。

P5211580P5211582







今日は天気が良かったですが、遠くは霞がかっていました。
いつも高尾山口からの往復だと、この片道で結構くたくたなのですが、今回は余裕のある感じで済みました。

ここで定番のかき氷を頂いて、帰りの道へ。
小仏城山、高尾山のそれぞれ山頂を経ての帰り。
高尾山はやはり相当な賑わいでした。
ただ、帰りの稲荷山コースは人がぞろぞろというわけでもなく、もう夕方近いせいでしょうか、割とスムーズに降りてくることが出来ました。

P5211584







帰りは約2時間15分、約13kmを降りてきました。


何の催しか高尾山口ではよさこいをしてました。

P5211586







駅前の温泉「京王高尾温泉 極楽湯」は駅から直結です。
なお、こちら側にもコインロッカーがありました。


P5211587P5211588







料金は通常期は1,000円、先に入場券を券売機で買う方式です。
館内の飲食はパスモなどが使え、出場時の清算とかはとくにありません。京王が経営しているだけにロビーには電車の案内も。

肝心のお風呂の方は広々としたお風呂が何種類かあり、露天スペースは広いです。
駅近だけに混雑は覚悟していましたが、確かに混雑していますが、許容範囲で、洗い場で待たされるようなこともありませんでしたので、ぎりぎり快適に使える感じで良かったです。
当然?食事処やマッサージもあるので、使いたい人には便利でしょう。

従来使っていたのは高尾の「ふろっぴいの湯」ですが、高尾山口か高尾駅からのシャトルバス利用となり、その分、余分に時間を要していたので、駅前に温泉が出来たのはやはり大きいです。
今回は小仏バス停からスタートするため、初めに高尾山口でコインロッカーに荷物を入れて、電車で移動し高尾駅前からバス、という手順のため、結局時間はかかったのですが...。
ただ、今回のルートは全く問題がないことが分かり、また近々、利用しようと思います。








逗子駅〜天園〜港南台トレイル

先週ですが、久々にトレイルに行ってみることにしました。
 手近な場所ですと、鎌倉だったのですが、最近は建長寺から天園のコースや大仏ハイキングコース辺りは自主規制ということで休日の走行は避けなければなりません。
 まあ、ハイキングの人も多いので、トラブルを避けるためには仕方ないですかね。
 それで新ルートを考えていましたが、逗子から朝比奈切通しを通って天園まで行くルートを知りました。
 天園から洋光台方面は従来使っていたルートなので知ってますし、シャワー施設に関しては「寄り道カフェみつば」というお店でシャワーを使えます(もちろん有料)。
 初見のルートなので道に迷いそうですが、様々なブログで事前に情報を仕込んで行ってみることにしました。

 横須賀線で逗子駅に。
 写真は西口ですが、開けている東口からも踏切を渡ればいいだけです。

 P8230350 







 西口からなら右手、東口なら左手の踏切を渡ります。写真は西口から歩いてその踏切を見ている所です。
 手前の自販機の所を左に入ります。

 P8230351 







 左に入って北の方へ、車道を道なりに進んで少しするとトンネル。

 P8230352 







 小学校を右手に。


P8230353 







 角を2回くらい曲がりますが、中学校を右手に北へ向かいます。


P8230355 







 「久木大池公園」の案内に従って進みます。


P8230357 







 住宅地を少し行くと土の道に入り「久木大池」にたどり着きます。
 駅からはだいたい2kmくらいです。釣りをしている人がいるくらいで静かでした。

P8230358P8230361







 池沿いを進むと「やまなみルート」の案内看板があり、右手からトレイルに入ります。


 P8230362P8230363







P8230367







 ちなみに、この日は先日購入したランニング足袋「無敵」で行ってみました。
 トレイルなので路面の固さはそんなに問題ではありませんでしたが、木の根や石をふむとそれなりにいい刺激ですね(笑)。


 P8230369







  しばらくすると、右手に米軍住宅との境界線のフェンスが見え、フェンス沿いに走ります。
 
P8230375







 
この辺は人気もなく走りやすいですね。
 少し行くと十二所果樹園に入ります。案内板から進むと鉄塔があり左手に展望台があります。

 P8230377P8230378 







 展望台には家族連れがおりました。展望台ですが、そんなにすごい見晴らし...というほどでもありません。

P8230381






 
 鉄塔前に戻り右手を進み分岐を左に降ります。果樹園を抜けます。


P8230382
P8230383
 






 少し降りると案内があり、案内通りに左手に行きます。
 もう一つ同じような案内板があり、ここも左手に行きます。「朝比奈切通し、熊野神社」と書いてあるので見たままです。


P8230385 P8230388







 次の分岐が案内板が無く、結果としては一回りして確認することになったのですが、...
 黄色のスプレーで左の矢印のある木とYの字のある木があり、左の矢印を頼りに左へ行くと狭い道をとおり、朝比奈の切通しの西側に出てしまいます。まあ、鎌倉方面の近道ではありますが、切通しを通る場合には右手へ進む必要があります。


P8230389







 右手の道を行くいくと熊野神社を右に見下ろす道となります。
 途中熊野神社に降りることもでき、最終的には元の道に合流出来ます。
 
P8230398








 こちらが熊野神社。


 P8230395







 先ほどの道をまっすぐ行くと写真の分岐点に着きます。
 「右熊野神社」の石碑の通り、熊野神社を回ってくると右手からこの分岐に合流します。ちなみにこの写真の左手に進むと朝比奈の住宅地方面に行ってしまいます。写真の左後ろの方へ行きます。


 P8230400







 上の写真の状態から後ろを向くと下の写真の通り。左端の道が今来た道で、右側の道を行くと朝比奈の切通しへの道となります。

P8230401







 切通しを抜け、住宅地へ向かいます。この下りの道は沢のような感じで水が流れているので走るのには不向きです。

 P8230402
 






 切通しの出口から右手に行き住宅地に出ます。


P8230403P8230404








 道なりに進むと横断歩道があり、正面の飲食店を左手を回って奥の道に進みます。


P8230407P8230408








 奥の道から、ちょっとわかりにくいですが、住宅地を道なりに少し行くと「CAT XING」という意味不明の黄色の標識があり再びトレイルに入れます。

 P8230410P8230412






P8230413







 天園と瑞泉寺の標識の裏側にたどり着くので当然天園の方に行きます。

 
 P8230414P8230415

 






 あとは道なりに行くと天園に抜けます。

 P8230416P8230419







 この後は、ビートルズトレイルを抜け、「みつば」さんをご利用しご飯も食べて帰りました。
 逗子から距離にして15kmくらいでしたが、相当迷い道をしたのでまっすぐ来たらもっと短いです。
 天園までは歩く人も走る人もほとんど会いませんでした。
 とりあえず道を覚えることが出来たので逗子・鎌倉周辺のルートをもっと開拓すればいいかなと思います。






「多摩川源流トレイルラン」参加してきました

昨日は、「多摩川源流トレイルラン」を無事、走ってきました。

先月末に案内とゼッケン、チップが届いており、当日は参加賞の受け取りだけでよいです。

P82800021 







トレイルの大会は、まずもって山の中のため、移動手段が不安なのですが、今回は、ツアーの企画があり、新宿・青梅からバス往復、宿泊と参加権確保、参加後の入浴・休憩も組まれていて私にとっては丁度よかったので申し込みました。

青梅から1時間半、奥多摩湖をさらに奥に行った山梨県の小菅村です。


P9130019 







夕食まで時間があったので付近の城跡を散策。

P9130005P9130010







P9130012








夕食は川魚など地元の食材が盛りだくさんで、散策でお腹が減っていたところ、満足でした。
この後、ツアーでは主催の方の大会レクチャーもしていただきました。先日はクマが出没したそうですが、当日はコース全体にスタッフが入り、人が大勢走るのでそういうところにはクマは近づきませんので安心してください、と言っていただきました。なお、大会HPの距離(30km)についてはかなり実際と違うので近々見直しますとのこと...

当日の朝。かなりいい天気です。

P9140020







 会場は村の中心地からちょっと離れた「小菅の湯」になりますが、バスで移動。

P9140021P9140022 








参加賞のTシャツの受け取りに妙に時間がかかっていましたが 時間は十分余裕があり、日差しが強かったのでバスで時間をつぶしました。
トイレは仮設とかの増設は無いかな?

参加者は750名くらい。昨年が台風のため中止になってしまい、エントリーが減ってしまったそうですが、村の人口並みの人数だそうです。30分くらい前には結構スタート整列している人が増えてきましたが、前にいると狭いトレイルで周囲の流れにあわせるため、大変なペースで走ることになってしまいますので、後方待機。

P9140025








それで、予定通りにスタートしました。
1.5kmくらいは沢沿いの舗装路で、それからトレイルに。一人しか通れない幅で、かつ、何か所か小さい橋を渡ることもあり当然渋滞。ただ、最初の4kmで5-600m上るのでなるべく足を使わずゆっくり行けたのはむしろ良かったです。

沢沿いには「最近は手入れがいまいち」なワサビ田や原生林の巨木があり、自然を楽しめます。
コース全般に言えましたが、山中はほぼ木陰であり、また標高もスタート地点で750mくらいなので気持ちよかったです。

P9140027



 



4kmくらい登って標高1,300mくらいになり、走れるようになってきたのでここから頑張りました。
無理のない位置で多少追い越しをかけたりしつつも基本的には流れに合わせていきました。
やはりトレイルは足元が危ないので。また、トレイルの大会ではいつも終盤脚がつって大幅タイムロスしていることもあり、なるべく脚を使いすぎないことをこころがけました。

エイドは三か所あるのですが、基本的に水と塩くらいしかないと思ったほうが間違いないです。
(以前ブドウが出たらしいのですが、それは私設エイドだそうで大会としては、水と塩と若干の飴とかくらい)

8kmあたりから急な下り坂になります。大会側からもスピードの出しすぎに注意と言われており、気を付けて下りました。ただ、ここのトレイルは木の根が張っている個所もあるにはありますが、大方、降りにくい段差の少ない、駆けやすい下りと思いました。

第2エイドあたりまで急でスピートの出る下りが続き、前方だけに集中しておりました。

P9140028 







この後2kmほどまた昇るのでまたゆっくり歩いていきました。激しい下りで脚を使った人が多いようで、周囲のペースは落ち、適当に追い抜いていきました。私も勿論脚を使いましたが、ここを登り切れば後は下りだから大丈夫かな、という感じでした。

登り切ってから第3エイドまではまた走れる下りがずっと続き、周囲のペースに合わせて駆け下りていきました。つづら折りが繰り返されるので適度に減速が図れます。とはいえ、やはり集中力を切らすと危険なので余計なことを考えずに前方だけ見るように心がけました。

第3エイドを抜けると舗装路にでて、この後はロードをマイペースでいけるかな?と思ったのですが、ここからアップダウンが激しく、いったん、スタート・ゴール会場よりも100mくらい下まで降り、そのあと、歩道や再びトレイルを結構走ります。これが結構しんどい...。

左足につる前兆を感じつつも何とか無事にゴールしました。タイムは3時間30分くらいでした。ちなみに距離はGPSによると20kmちょっとでしょうか。「残り1km」の表示がありましたが、少なくともこれは正確でした。
なお、先日記事にしたコースのインポートについては、やはり私の機種(610)では、ナビという目的について限りなく意味がありませんでした。
もしこの機種でナビみたいなことをさせたければ地点の登録というのができるようなので座標をどんどん登録して、手作業で目的地を変えていけば実現できそうです...そんなことレース中にはできませんが!

ゴール後はオレンジと汁のサービスがあります。どんどんおかわりして、と言ってくれましたが、この後、弁当の用意があったので一杯だけに我慢しました...。


P9140029P9140030 








前の週の体調不良があり、不安もありましたが、トラブルもなく走れて良かったです。
大会については、トレイルとしては走りやすく、補給は自分で用意すると考えれば、後は十分でよかったと思います。


P9140032 

雲取山

昨日はトレランツアーで東京都最高峰の「雲取山」へ行ってきました。
奥多摩駅朝集合ということで青梅線沿線で前泊しました。
駅からさらにバスに乗りふもとの鴨沢からアプローチ。

P1030909


この日は曇りでちょっとひんやりしていました。
歩き登山では一泊二日が基本の山で、高尾ほどむちゃくちゃ登山客はいませんが、下山してくる人と何回かすれちがいました。


P1030911


行程にはアップダウンが無くほとんどまっすぐ登っていく感じでした。
標高2,000Mを超える山で本当は見晴らしいいいのですが、上に行くとガスがでており、残念でした。


P1030916


片道12KM弱、高低差1,400Mちょっとを約2時間半で登り、山頂に到達。


P1030920

記念撮影をして早々に撤収。
ここからは大半が駆け降りるトレイルとなり、約1時間半、下っていきました。
おかげさまで、今足には相当いい感じできています。



P1030922


帰りは奥多摩駅から徒歩10分ほどの温泉につかり、温まりました。



P1030927

続きを読む
ランニングブログランキング
ブログランキング
にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギング・マラソンへ
広告
ガーミンGPSの購入はこちら
おすすめ
読者登録
LINE読者登録QRコード
Profile

アンドリュー

横浜の市民ランナーです。フルマラソン30回超完走、47都道府県マラソン大会出走。東京マラソン2010の3時間14分以来記録は頭打ちです...。

あんどりゅーのあしあと
今まで走った大会の記録です。
GPSのコース記録や寸評(?)。
今後の予定

今のところなし!
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Archives
記事検索